前へ
次へ

新社会人も知っておきたいお葬式のマナー

社会に出て企業に就職すると取引先企業との関わり等で、幅広い方々と交流する機会が増えてきますが、同時にお葬式等に参列する機会も徐々に増えていきます。
その時にマナーを知っていないとその場だけでなく後々のビジネスの環境も悪くしてしまう可能性があるので、早めに知識を得ときましょう。
先ずお葬式にはお通夜という習慣があり、故人との最期のお別れに使われる重要な時間なので参加する時はご遺族のお気持ちを考えた言動で振る舞う必要があります。
お通夜やお葬式では会食が行われますが、ここでも重要なのはご遺族の気持ちを考えて故人について、いい思い出や感謝する気持ち等を誠意を込めて穏やかに話すのが良く、酔っ払って大声を出したりする事は勿論ご法度です。
此処までは通夜やお葬式での行動についてのマナーでしたが、香典や服装等も重要になってきます。
香典のルールは宗教に合わせた表書きと中袋に自身の氏名や住所を書いておく事です。
中袋がある事により、ご遺族に誰の香典なのか分かって貰えるので大切になります。
香典の額は親しさで変わりますが、1万円までが一般的な相場ですし、服装については、派手じゃく黒色等であれば喪服を別途で買う必要は無いので、お金に余裕が無い人等は、所有している服の中から出来るだけ目立たない物を選んでお葬式に参列しましょう。

Page Top